最も安全で最も確実な取引ができる
プラットフォームを創り上げるために
2Way-peg方式を採用

キバリオンが最も安全で最も確実な取引を行うために、2Way-peg方式というブロックチェーンのシステムを導入しました。

このシステムはメインチェーンとサイドチェーンという2つのブロックチェーンを採用しています。

メインチェーンにはビットコインのブロックチェーンを採用しているため、ハッキングや改ざん等の恐怖からキバリオンの利用者を守ります。

そして、サイドチェーンにはメインチェーンであるビットコインのブロックチェーンのセキュリティの高さを維持した上で、イーサリアムのスマートコントラクト技術をサイドチェーンで実現しました。

「共創」を基盤とした社会を実現するためのシステム Token Economy Wear(TEW)

このトークンエコノミーウェアは、共同体の中で仮想通貨を使う事によってコミュニケーションを分析し、共同体の成長に役立てるシステムです。

共同体の中で軸となる思想や哲学に基づき、メンバー全員が共により良い未来を創り上げる「共創」を基盤として公正な取引を行うためにこのシステムは存在しています。

人と人がまるでキャッチボールを楽しむように、双方で納得できる取引を行う「互酬」をスムーズに行うためのシステムです。

利用者の理想を得るためのサポートする Personal Navigation AI(PNA)

キバリオンに搭載されているAIが利用者様の事を誰よりも知っているパートナーになり、理想を実現するために適切なサポートをしてくれるのです。

キバリオンのAIは利用者を管理するマネージャーでもあり、利用者に助言を与えてくれるアドバイザーでもあり、利用者をサポートするコンシェルジュでもあります。

キバリオンの利用者様にとって、自分の事を最も知っているAIパートナーがいる事により、人の感性を理解できるAIならではの、人間には無い視点の意見を貰う事ができ、理想を達成するための手助けをしてもらう事ができます。

このPNAのシステムは、人の感性を理解する事に特化したAIを搭載しているキバリオンだからこそ実現できるのです。

キバリオン利用者の生きた証を後世に残す Dialog with the Self(DWS)

「Quality of Dying」

この言葉は正直言って聞きなじみが無いと思います。

どれほど満足して自分らしい生活を送っているのかを表す指標である Quality of Life に対して、いかに満足して人生を終える事ができたのかを表す指標である Quality of Death があります。

この言葉を直訳すると「死の質」という意味ですが、我々はそこからもう一歩踏み込んだ「Quality of Dying」という概念を重要視しています。

死を意識するからこそ、人生をより良い方向に向かわせる事を意識して人生の価値を上げる事が我々が掲げる「Quality of Dying」という概念です。

キバリオンに利用者様の情報を入力する事で、自分自身の生きた証を未来永劫後世に残すためのサービスを提供する事が可能になります。